qrcode.png
http://www.wa-tukuri.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

復興途上 荒浜

 

由来

由来
 
 
亘理町の「亘理」の地名は、阿武隈川を渡るところの「渡」という説やアイヌ語で「ワッタラ」といい、また船で上陸したことを「ワッタリ」といったので、やがて「亘理」という地名になったとも言われています。荒浜地区の歴史は古く、藩政時代は太平洋と阿武隈川の船運で穀物類を集散した中継基地があり、江戸方面に輸送した呑吐港として大いに栄えました。特に寛文11年に幕命により、政商・河村端軒(瑞賢)が 荒浜港から江戸に至る内川江戸廻り航路に改革を加えて以来いっそう盛んになったという記録が残っています。かつて荒浜小学校付近は13の米倉が立ち並び、常に米俵が一杯に積み重ねられ、また中学校付近にも米の集荷・売渡をする木造の大倉があり、現在でも東木倉や西木倉という地名がそのまま残っています。
 
 
 

気候風土

気候風土
 
 
 気候的には東北の湘南とも言われるほど温暖な地域で、冬の降雪量も少なく、積雪も年に数回程度です。夏は太平洋からの涼風が過ごし易い環境を醸成し、荒浜海水浴場は多くの親子連れでにぎわいます。また荒浜海岸は1年を通してサーファーから絶大な人気があり、週末は山形県や秋田県ナンバーの車両も見受けられる程の夏レジャーの人気スポットです。気候風土の良さから、老後を暮らしやすい環境の中で楽しみたいと、亘理町へ転入を希望している方々や別荘で週末を過ごす方々もおられます
 

特産品

特産品
 
 温暖な気候風土に恵まれて、稲作や果樹栽培が盛んな地域でもあります。稲作では「ひとめぼれ」を中心に「こしひかり」や「つや姫」の作付けも盛んです。また、リンゴやイチゴ等の果樹出荷量は宮城県NO.1を誇り早春から「イチゴ狩り」を楽しむ観光客で賑わいます。現在では、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた「イチゴハウス」も8割まで回復しており、以前の生産高に近づきつつあります。また、海産物も豊かで、荒浜漁港から水揚げされた新鮮な魚介類は種類も豊富でとても美味しいと評判です。特に、関東方面まで陸送するカレイやヒラメは絶品で人気商品の一つです。また、一年を通じて海の幸を使った季節料理があり、中でも元祖「はらこ飯」は超人気の季節料理で亘理町荒浜が発祥の地と伝え聞いております。元祖「はらこ飯」の由来は藩政時代に遡り、鳥の海湾岸の伊達家の狩猟地「御狩り場」へ殿様が鷹狩りにお出ました時に、さけの腹子をふんだんに使った「さけ飯」を献上したところ、あまりの美味しさに感嘆し、「はらこ飯」と命名されたという出来過ぎのような有難い言い伝えが残っているようです。亘理町荒浜の郷土料理「はらこ飯」や「ほっき飯」をはじめ、四季折々の海の味覚をご賞味下さい。お待ち申し上げております。
 
 

参考文献

参考文献
 
 「宮城県地名考 亘理郡の地名」  菊地勝之助著
 「川村瑞賢みちのく廻船改革」    長内國俊著
 
 

復興の現状

復興の現状
 
 東日本大震災で被災した亘理町に、日本全国から20万人を超えるボランティアの方々にお出で頂き、「がれき処理」「どろかき」「ハウスの整備」そして「写真・アルバムの洗浄」などを献身的に進めて頂きました。この場を借りて心から御礼を申し上げます。あの当時は大震災に打ちのめされっぱなしで、ボランティアの方々へのお礼もできずに過ごしてしまいました。今は何もお返しができませんがやがて復興する亘理町をお見せすることが御礼の一つと考えております。
 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた荒浜地区は、五丁目地区と築港地区が災害危険区域に指定され居住することが叶いません。一丁目地区から五丁目地区が合併して「あぶくま」地区に生まれ変わり、築港は港町に併合され、これまで存在した11の行政区が6行政区に減少しました。また海岸の防潮堤や阿武隈川の河川堤防の改修が急ピッチで進められており、鳥の海の湾岸堤防や蛭塚の改修も進み、荒浜漁港前には水産センターの建設構想が現実化しつつあります。さらに、災害危険区域の活用については専門家の指導の下に建設構想が進み、荒浜地区の「なりわい」と「にぎわい」が一日も早く戻ってくることを町民がこぞって切望しているところです。
 一方、被災した地域住民は災害公営住宅や集団移転地の土地造成が完成することに望みを託して、今なお仮設住宅やアパート等で不自由な生活を続けております。復興の槌音が聞こえ始めてはいるものの、被災者の皆さんは一日千秋の思いで完成を待ちわびています。望郷の念が霞む前に実現して欲しいと願わずにはいられません。
106746